復縁したい相手に気持ちを伝えるおまじない

本音を打ち明けられないまま別れてしまった相手に、そっと気持ちを伝えるおまじないです。 気持ちを伝えて誤解を解けば、再び相手の気持ちが戻るかも知れません。

用意するもの
満月の夜に摘んだ広葉樹の葉(なるべく新鮮なもの)…1枚
相手の持ち物(相手が置き忘れた物や、相手にもらった物でもOK)
金色の鎖(ネックレスなどのチェーンでもOK)



このおまじないは、日本時間では夜11時から深夜4時までの間に行います。 おまじないを行う時は、誰にも見られないよう気を付けてください。


金色の鎖を輪にしてテーブルに置きます。 その輪の中に広葉樹の葉を置き、復縁したい相手の姿を思い浮かべます。 復縁したい相手を思い浮かべたら広葉樹の葉を右手で取り、輪にした金色の鎖に、上・下・右・左の順で軽く葉を触れさせます。
もう一度広葉樹の葉を輪の中心に置き、伝えたかった気持ちを心の中で強く念じ、広葉樹の葉へ封じます。 そして金色の鎖を右手で持ち上げ、広葉樹の葉の上に置きます。
広葉樹の葉の上に乗った金色の鎖に、3回軽く息を吹きかけます。


おまじないが終わったら広葉樹の葉を土に埋め、金色の鎖を復縁したい相手の持ち物と一緒に(密着させた状態で)しまいます。 これであなたの気持ちは復縁したい相手へ伝わり、相手の行動に変化が見られます。

このおまじないを読んだ人はこんなおまじないも読んでいます