通りすがりの人を不幸にするおまじない

少し危険ですが簡単おまじないです。喧嘩を売られた、悪口を言われた、危害を加えられた、怒鳴られた、痴漢された、暴言を吐かれた・・・などなど、街で通りすがった嫌な相手。 名前も住んでいる場所も分からない相手に復讐をするなら、不幸を呼ぶおまじないを試してください。

その嫌いな相手が視界に入った状態で、右の手の平を相手に向けます。 強く相手を憎むと、不思議な力が手の平の中心に集まり、次第に熱を帯びてくるはずです。 右の手の平が熱くなったと感じたら、右手の中指で手の平の中心を強く押します。 そして、右手をギュッと強く握り締めます。 この時、嫌いな相手を骨まで粉々に潰す場面を想像してください。


たったこれだけのおまじないで、相手はあなたの呪いを背負い、不幸に見舞われる事となるでしょう。

このおまじないを読んだ人はこんなおまじないも読んでいます