荒くなった鼻息を静めるおまじない

好きな人の前に出るとついつい荒くなってしまう鼻息。 抑えようと思えば思うほど荒くなってしまいます。 そんな恥ずかしい鼻息を簡単に静めてしまうおまじないです。

好きな人と会う前、鏡に鼻を近付けて思いっ切り鼻息を吹き付けます。 鏡が鼻息で曇ったら、「ああ恥ずかしい恥ずかしい」と3回唱えながら、曇った鏡をティッシュやハンカチで磨きます。
たったこれだけで、好きな人の前に出ても鼻息が荒くなりません。

もし、おまじないをし忘れて、好きな人の前で鼻息が荒くなってしまった時は、左手で鼻を隠しながら鼻の穴を3回、思いっ切り広げてみましょう。 これで鼻息は静まります。

このおまじないを読んだ人はこんなおまじないも読んでいます