他人の悪意を更に増強して跳ね返す呪い

イジメ嫌がらせセクハラパワハラ。 こんな事をされては誰だって嫌な気持ちになります。 人によっては日常生活に支障を来す事もあり、非常に危険な状態へと追い込まれます。
あなたに対して悪意をぶつけてくる相手がいるのなら、今すぐにこのおまじないを試してください。 あなたが受けた苦痛を何倍にもして、相手に跳ね返しましょう。

用意するもの
・コップ1杯の精製水であれば更に強力)
(天然の岩塩であれば更に強力)…ひとつまみ
・自分の髪の毛(10本程度)
・布や紐など水分を吸い込む素材で作られた小さな人形


このおまじないは、満月(月齢14〜16の間)の夜に行ないます。 天気が悪くて月が雲に隠れていても構いません。 人をう念には、雲では遮れないほどの吸引力があるため、肉眼で月が確認できない場合にも、月の力を十分に吸収できます。

コップ1杯のに、用意したを全部溶かします。 この時、スプーンなどは使わずに、必ず自分の指で混ぜてください。
作った塩水にあなたの髪の毛を入れ、2時間ほど置いておきます。
2時間経過したら、塩水の中に人形を浸します。 人形を浸す時、「私と共にお入りください」と一度だけ唱えます。 これで人形にはあなたの念と月の力が宿ります。
人形が完全に浸ったらすぐに塩水から取り出して、窓際など風通しの良い場所に一晩置いて乾かします。 残った塩水はお風呂場などへ持って行き、自分の両足に全部掛けます。 この時、絶対に塩水を口に含まないでください。

人形が乾いたら、次の新月までの間にその人形を、呪いたい相手の近くへ持って行きます。 プレゼントと偽って渡す事が出来れば最高ですが、相手に渡せなかったとしても近くへ置く事が出来れば呪いの効果はあります。

新月の夜から人形は魂を宿し、あなたに代わって復讐を始めます。
相手があなたへ嫌がらせをしたり、あなたに悪意を向けるたびに、それを何倍にもして人形が跳ね返すのです。 人形にはあなたの念と強力な月の力を核とした魂が宿っていますから、人形は相手の悪意をいつでも敏感に嗅ぎ取り、それを月の力で何倍にもして跳ね返すのです。

人形の効果が続くのは、新月から次の満月までの間だけです。
満月を過ぎると徐々に魂が薄れ、その次の新月には完全に抜けます。
なので、断続的に相手を呪い返したい場合は、満月のたびにこのおまじないを繰り返してください。

このおまじないを読んだ人はこんなおまじないも読んでいます